たまにはワインも・・・東京ワインコンプレックス2018と展示会

2018.02.08 Thursday

0

    2月6日 白金台の八芳園、東京ワインコンプレックスに行く。一年ぶりのワイン展示会です。

     

         病弱な私にカキちゃんが添乗員として同行してくれます。70社ほどのインポーターが出展している。

     

         入場料などで400円支払う。ほとんど展示会は無料なのだが、高いか安いかは内容次第・・・・

     

         来場者は飲食店様が多いですね、時間も2時30分過ぎでしたから販売店の方は少ないが、全体的に盛況です!

     

         400円で酔えれば安いです。私は味見で口に含むだけなので酔えません、良いワインが見つかれば400円は安いが。

     

         1社で案内しているワインが10アイテムくらいです。経験上、このタイプの展示会は、美味しいワインより

     

         売りたいワインが多いですね。一年ぶりの慣らし運転にはちょうど良いです。

     

         ジャンニテッサーリ ピノ・ノワール 北イタリアのピノノワールで素晴らしいピノを発見。

     

         冷涼な気候なので、良い酸が出ている。果実感、ミネラルのバランスが絶妙です、

     

         更にすばらしいのは初心者から上級者まで楽しめるピノノワールです!


         酸が良いので飲み飽きしません・・・飲みすぎます。

      

         ブルゴーニュのような冷涼な酸と果実感のバランス絶妙!
     

     

                  

          本日、昼ごはんはカキちゃんと一緒に人形町の魚料理の「きてれつ」さんでいただく。

     

         昼の定食は1000円です。「鯛ごはん」が3日にテレビででたので売り切れでした。

     

         他にも3アイテムあったので「さわら揚げおろし煮と刺身の定食」をいただきました。さわら大きいし、だしが上品、

     

         刺身は小ぶりだが美味しい。商売柄、原価を計算してしまう・・・・超コスパ!

     

     

     

    2月7日 渋谷エクセル東急にてスマイルワイン試飲会。3時に到着。

     

         カフェ カベルネ 南アの赤ワインですが、コーヒー感すごいです!コーヒー好きにはたまらんでしょう。

     

         以前に比べチョコ感がないかな、その分、コーヒー感倍増です。樽の味でここまでコーヒーのニュアンス出せない。

     

         秘密のテクニックがあるんでしょうね。

     

         近日、取り扱い決定だがヴィニウス コロンバール(白)旨いな、派手さはないけどさくっと飲めるんだな。

     

         他にも興味深いものありましたので、近日入荷します。

     

     

         

          改めて確認したが、味覚に関しては、障害が無いです、ご安心ください、厳選します。

         

     

          

     試飲会終了後は渋谷 リュエル にて、保護者会(カキちゃん、マチダ)子供が同世代なので

     

     専ら教育、健康の話。

          

    ワインdown ワイン販売業務!再開しました downワイン

    悪性リンパ腫になって 52)

    2018.02.05 Monday

    0

      2月5日 外来で検査です。9時20分到着。三つ検査があります。

       

       受付を済ませると知り合いから声をかけられる。そう、「千住市場のママ」だ!

       

       そういえば、今度東大病院に行くと言っていた。彼女は私より年上だが、大柄で派手。ピンクの日傘が似合うお洒落な熟女。

       

       今日の出で立ちは、黒いボアのブルゾン、黒いパンツ。そして、男らしい性格。ツキノワグマのようです。

       

       もし、茶色のだったらヒグマです。もし、こんなことを書いたのが本人に知れたら、私は食われてしまう。

       

       10時30分から検査です、最初に呼吸器機能検査 肺活量など検査します。

       

       自家移植により、肺の機能に障害を来す時がある。その際に、良好時の数字を記録しておく。

       

       次に、大腸外科 肛門のまわりに、膿みがあるか検査。自家移植で血球減少すると膿が大きくなって厄介なんだそうです。

       

       最後は、心臓エコーで心筋の動きのチェックです。

       

       昼ごはんは1時過ぎになりましたが、三四郎、精養軒など

       

       混んでいるので、いつも空いてるカフェ ゆりの樹 でカレーライスです。

       

       セット(コーヒー付)で850円ですが、手作り感がないかな・・・・

       

       本日も3700人以上の外来です。かなり、混んでます・・・・

       

       会計も一時間待ちなので、少々殺気立ってます。私は裏技で次回に回し。

       

       予定より1時間早く終わり3時前にヤマノヤ到着。

       

       

      明日はワインコンプレックス東京に行ってきます!久しぶりの展示会です。体調が良いので、少々仕事モード。
       

      悪性リンパ腫になって 51)

      2018.01.31 Wednesday

      0

        1月31日 東大病院外来です。予約時間が9時45分なので1時間前に採血します。

         

              8時30分に病院到着。受付を済ますとこのリモコンのような呼び出し受信機を渡されます。遠くにいても安心です。

         

              安心なのでモーニングです!本日も500円のトーストセット。ノーゲストなのでゆっくりできます。

         

                                    

         

         

         

         ドトールはいつも混んでるので、静かさを求めるなら、おすすめします。

         

         新B棟のエレベーター手前の「カフェゆりの樹」です。

         

         朝食を済ませて待合室に行く。

         

         待合室が混んでいない、落ち着いている。

         

         システムが改善されたのか? 病院スタッフがシステムに慣れてきたのか?

         

         先生はPCに慣れてきたそうです。最前線の現場の看護師さんは、アナログチックに頑張っています。

         

         

        今日の診察は、検査の結果で、いつも通りで副作用で白血球数が少ないので、注射を打ちます。

         

        そして、今後の準備のお話でした。
         

              

              本日で標準治療は終了になります。来週からは特別コース?の為の検査がたくさんです。

         

              特別コース?の説明です。自家造血幹細胞移植を併用して大量の抗がん剤を投与する治療法です。

         

              悪性リンパ腫に対する抗癌剤治療を強力に行なえば、より多くの悪性細胞が死滅しますが、

         

              正常の血球に分化する造血幹細胞も死んでしまい、血球が自力で回復できなくなります。

         

              そこで、あらかじめ末梢血幹細胞を採取し、凍結保存しておき、大量の化学療法により骨髄を含めた体内にあるすべて

         

              腫瘍細胞を死滅させた後、静脈から輸血のように体内に入れ、荒廃した骨髄の造血を再構築する治療法が

         

              自家造血幹細胞移植併用大量化学療法です。すでに昨年の12月4日に3時間かけて自家末梢血幹細胞採取済みです。

         

               特別コースと記しましたが、この治療法は研究的治療と標準治療の間に位置する。

         

              自家造血幹細胞移植併用大量化学療法は、原則として65歳以下が受けられる療法です。

         

              東大病院のように徹底的に根治目指して行う病院もあれば、とりあえず標準治療で終える場合もあります。

         

              その後、再発した場合に特別コースを行うという二通りに分かれます。

         

              今までのデータを参考にしても、私のように先にやるのと再発してから行う、どちらが良いか五分五分です。

         

              どちらが良いかは、患者さんの状況にもよります。最終的には患者が決めることです。

         

              私の場合は、悪性リンパ腫といっても50種以上あるなかで、中高悪性度のB細胞非ホジキンリンパ腫。

         

              そしてステージ4。リスクもあるが、体力もあるので徹底的にがんを叩くということで、特別コースを選びました。