退院・・・・・・10回目、やっと終わり

2018.10.17 Wednesday

0

    10月7日


    10回目の退院です。これが最終回の退院だ〜もう入院はしないからね。


    B棟8Fに3月29日六回目の入院してから、入退院を繰り返し、本日退院!


    約150日間、お世話になったわけですが、医師、看護士、スタッフ、患者さんに恵まれ


    快適な病院生活?快適という表現は変かな。そう、前向きに暗くならずに生活できたのは事実です。

     

     10月17日 退院して10日になるが、体力の回復は遅い・・・・

     

     今日からウォーキングを始める。近所の公園で休憩です。1.5キロ歩いた。

     

     退院してから、ほとんど寝たきりの状態なのでこれが限界です。

     

     健常なときの体力を10としたら、今は1〜2割の感じです。

     

     見た目は、ご覧の通り眉毛、頭髪もまだないです。

     

     いつもなら、店頭にいるのですが、まだ、無理かな・・・・

     

     

     昼ごはんは、大和屋さんで鴨せいろです。昨日から食べたかった!

     

     抗がん剤の副作用で、食欲不振、味覚障害が出ています。なかなか治らない。

     

     食欲は半分、味覚は8〜9割の状態です。その為、食べたい欲求が湧かないので、

     

     食べたい物はなかなか出てこないのですが、8月に食べたかったのですが、

     

     大和屋さんがお休みで食べられずにいたことを思い出したら、無性に食べたくなったしだいです。

     

     いざ食すと鴨の味が感じられない・・・・・・ただのかしわだ。

     

     つゆも鴨の脂感を感じない!まだ味覚障害だ!

     

    美味しさを感じないのが、味覚障害。9割ぐらい回復していても10割回復しないと美味しく感じないのです。

     

    ただ、完食できたのは、大いに前進です。
     

    自家移植 6) 

    2018.10.05 Friday

    0

      10月5日 食堂の左端の席からの景観、スカイツリー、不忍池。

       

      スカイツリーに行ったことがないな〜退院したら行こうかなとか。

       

      不忍池のボートを眺めながら、

       

      強風で池の左側に溜まり立ち往生しているのを娘と笑ったり、

       

      隅田川の花火を見たり、

       

      調子の良い時は、この席でPCをいじるのだが、それももう終わりです。

       

      7日に退院の予定です。


      自家移植 5) 

      2018.10.03 Wednesday

      0

        9月20日 移植した幹細胞が血液の流れに乗って骨髄にたどり着き、そこで増殖を始め、

         

                        白血球数がふえてくることを「生着(せいちゃく)」という。


             移植のひとまずのゴールが生着なのである。予想より4日早く20日に生着した。

         

                       その結果、口内炎の炎症は日に日によくなるのである。白血球様様である。体もかなり楽になります。

         

                       昔の曲で水越けいこさんの「too far away 」って感じです。白血球に恋焦がれているのです。
             too far away 愛(生着)への道は far away だけどかすかに光見えればそれでいい
             too far away 君(生着)への道は far away だから言葉をひとつくれればそれでいい
             生着するまで闇です。10日間、闇をさまよっている。生着することにより光が見えてくるのです。 

             移植前の前処置(抗がん剤治療)が全ての抗がん剤治療の中でも最強クラスだそうです。

             それだけ、副作用も強くなるということです。私も2度とやりたくないですね。

         


         本日10月3日時点の副作用は味覚障害、微熱、軽い下痢なので点滴はなくなりました。

         

         血液検査の数字的にも大きな問題がないので、食欲が戻れば、ご飯が食べられるようになれば、退院の運びになります。

         

         とにかく、自力で飯を食う!でもね、味覚障害だと食べられない。


         欲が出てくると、あれが食べたい、これが食べたいってなっていいんだけど、味覚障害だとその気が起きないんですよ。


         時間が解決してくれるそうです。遠く遠くにあったゴールが見えてきた!

        自家移植 4)

        2018.09.12 Wednesday

        0

          9月12日 17時30分 自家造血肝細胞移植、無事終了。これからは、副作用に耐え、白血球の回復を待つ。

           

                2〜3週間後に、退院できればいいね。

          自家移植 3)

          2018.09.07 Friday

          0

            9月6日 今日から11日まで移植前処置 (大量化学療法)の期間です。12日が移植になります。

             

                 移植前処置の詳細はM-BEAM 療法です。その治療スケジュールを記します。

                 

                 6日サイメリン(がん細胞のDNA、RNAの合成を阻害しがん細胞の増殖を抑制する薬)

             

                 7〜10日 ソル・メドロール(ステロイド)

              

                       エトポシド(1966年からある抗がん剤、前回も使用しています)

             

                       キロサイド(DNAとたんぱく質の合成を阻害し、分裂・増殖を防ぐ)

             

                 11日   アルケラン(がん細胞のDNAを、アルキル其という構造を持った分子に変化させ、DNAの合成を阻害する

             

                             ことで、がんの成長を止める働きをします。

             

            9月7日 本日は朝10時から抗がん剤で3アイテムなので、食欲が減退気味です。

             

                 血糖値の測定を日に4回あるので、間食がしづらいのも気分的によろしくない。食後に間食しないですからね。                                                                                                                    

                                                                                       更に食事が部屋食になりベッドの上で食す、これも気分的によろしくない。

             

              だんだんと、ブログを書く余裕がないかも・・・・・寝ているのが楽に感じる。

             

             
                       

            自家移植 2)

            2018.09.05 Wednesday

            0

              9月5日 スケジュールが決定した。移植前処置が6日から11日まで、移植が12日。

               

                   「移植前処置」? 軽い処置のイメージであるが、大量化学療法のことで、とてもヘビーである。

               

                    6日間抗がん剤投与ですが、以前説明しましたが、かなり強いです。

               

                    薬の詳細は後ほど、薬剤師さんから説明がある。

               

                     今日は、CV(中心静脈)カテーテル挿入です。今まで、腕から点滴を入れていましたが、

               

                    今回の治療では、首の静脈から入れます。理由は、、移植前の大量化学療法やその他の薬剤の点滴投与、

               

                                輸血、水分や栄養の補給のため、また造血幹細胞の輸注(移植)を安全に実施するために使用されます

               

              (還暦では、ありません)

               

               今日から、気合入っています!飲み友のこもりさんから頂いた巣鴨マルジの赤パンツをはいて治療に臨みます。

               

                15時30分 カテーテル挿入完了です。とても違和感があるので頭が上げられない。

               

               つばを飲み込むのも苦しいが、だんだんと慣れてくるらしい。

               

               カテーテル挿入の為、処置室に入る前、何人かの看護師の方が「がんばって」と声をかけてくれた。

               

               今まで処置室に行くときに、がんばってと言われたことがない・・・・

               

               がんばらなければいけないほど大変なのか不安になる。結論から言うと、少々頑張りが必要でした。

               

               顔を含め上半身に水色のシートをかけるのですが、サスペンス番組での死体みたいな扱いだなと

               

              感じていると、ナースが「息できますか?」 思わず、私は「生きてます」(医師、ナース笑う)

               

              赤パンツのおかげで無事終了しました!さあ、明日から抗がん剤だ。

               

               

               

               

               


               

               

                    

              自家移植 1)

              2018.09.04 Tuesday

              0

                  9月4日 週末は、アイスコーヒーは飲めません。

                 

                     自家移植が12日に決まりました。

                 

                     大量化学療法の日は7日前後かな・・・まだ未定。

                 

                     大量化学療法後に白血球の減少が始まります、抵抗力がなくなるので、衛生面が

                 

                     厳しくなり、アイスコーヒーの製氷機の氷がNGになります。

                 

                     ソース、ケチャップ、マヨネーズはチューブタイプはNG、

                 

                     使いきりの個包装のみOK。

                 

                      本日は呼吸器、肺機能の検査、異常なしでした。

                 

                     

                 

                     
                 

                入院・・・・・・10回目

                2018.09.03 Monday

                0

                  9月3日 10回目の入院です。東大病院にお世話になって丸一年経過しました。

                   

                       体重測定68キロ。また増えました・・・今回の治療でだいぶ減るので、それを踏まえての増量です。

                   

                       ちなみに、一年前は今より10キロ以上少ないです。

                   

                   個室の無菌室です。衛生面は、徹底されています。

                   

                   今回の治療で大量化学療法後に副作用で白血球がゼロになります。

                   

                   血液中で細菌を殺したり、免疫に役立ったりしている白血球がゼロです!

                   

                   白血球がない状態なので、感染しないために菌のない無菌室に入るのです。

                   

                   東大病院8階は、フロア全体が無菌です。更に個室は強弱ができる。

                   

                   日本の最先端の病室です。従来の無菌室はビニールカーテンで仕切られ、

                   

                  重篤な感じのする部屋でした。今は何も置かれていませんが、移植のときはいろん装置が置かれる。

                   

                   部屋でPCで作業してるが、聞こえてくるのは無菌室の換気の音がゴオーっと、いよいよって感じですね。

                   

                  16時 先日のPET、CT検査の結果報告。CR(腫瘍が完全に消失した)の状態です。

                   

                  本日の血液検査も問題ないので、予定通り移植が行われそうです。前回は、ここで再発が判明したので、まずはひと安心です。

                   

                  自家移植に向けての検査

                  2018.08.31 Friday

                  0

                     

                    今までの入院時での体重では一番重い体重で入院できそうです。かなり顔がふっくらしている。

                     

                    まつ毛は抜けてるので瞬きするとまぶたがくっつきます。眉毛はかなり抜けて、残りは一割ぐらいかな。

                     

                    自家移植して退院時は3,4キロは減る予定なので、コレくらいふっくらしても良かろうかと思う。

                     

                     
                     

                    8月30日 外来で検査を2件です。10時過ぎから約2時間かけてPET検査です。13時からCT検査です。

                     

                         PET検査って全身のガンを検査できる。リンパ腫の腫瘍は神出鬼没です。PET検査で全身をチェックします。

                     

                         悪性の腫瘍は赤い色になります。4か月前のPET検査では赤い箇所が4か所。半年前は赤い箇所はなし。

                     

                         さて、今回は赤い箇所がないことを祈ります。

                     

                         本日のランチは、もちろん三四郎弁当です。

                     

                         12時過ぎに買いに行ったので残り僅かでしたが、豚肉の炒め系の日替わり弁当。八階の病棟の食堂で食べます。

                     

                         昼食後はCT検査2時に終わったので、帰りは上野の王将で餃子を2人前いただく。 

                     

                         昨日の昼ごはんの王将の餃子ランチでした。今回は餃子モードです。毎回、退院ごとに食べたいものが違う。

                     

                         食欲はあります!今までの退院の中でも、最良の仕上がり具合!このまま良い状態で、3日の入院です。

                     

                         3日の検査の多さは?本当かな・・・・・

                    退院中

                    2018.08.27 Monday

                    0

                      8月27日 昨日、次女が熊本に行くので羽田空港まで送りに行った。朝6時40分の時点では駐車場すぐは入れたが、

                       

                            1時間後には満車です。夏は混んでますね。

                       

                            5時30分起床して、9時前には帰宅したが、疲れたので26日はずっと、ゴロゴロしていました。

                       

                            体力、筋力がない・・・・おじいちゃん並みの筋力だと思う。

                       

                            朝、起きると肩の筋肉が痛いのは、昨日車の運転をしたからだ。

                       

                            退院中に体力強化でもした方が良いのかもしれないが、担当のナースが近所に住んでいて安静するようにとのこと。

                       

                            「まさか、お店に出てないですよね」と言われた・・・・奥にひっそりと座っているのだ。

                       

                            ひっそりと「おでん缶」仕入れたので販売中!冷やしです。まだ早いけど、安いです。

                       

                       今週いっぱいは、三ノ輪に居る予定です。

                       

                       そして、来週からは、やっと、やっとの仕上げの治療の自家移植です。

                       

                       カンタンに説明します。自家移植は自家造血幹細胞移植の略称です。

                       

                       造血幹細胞とは赤血球、白血球、血小板のことをさします。

                       

                       大量化学療法で死滅させた後、あらかじめ採取しておいた自分の造血幹細胞(血液をつくる細胞)を戻す(移植する)ことにより、正常な造血機能を回復させる治療です。


                      大量化学療法によりダメージを受けた骨髄を、自己の造血幹細胞により、回復させることです

                       

                      白血病の骨髄移植って、よく耳にしますが、簡単に説明すると、私は自分の骨髄を移植、白血病の方は、ドナーの骨髄を使う。

                       

                      30日にPET検査をしてガンの有無を確認後、治療に入ります。

                       

                      治療に入ること前提で、今後の予定(予想)

                       

                      9月10日 大量化学療法 強い抗がん剤を使用するので、一週間ぐらいすると白血球が無くなる。

                       

                      9月17日 自家移植 昨年採取した、冷凍保存した私の造血幹細胞を移植する。

                       

                            造血幹細胞が根付き(「生着する」といいます)、そこで再び血液細胞が造られるようになります。

                       

                            移植前処置によってダメージを受けた患者さんの造血機能や免疫機能は、時間をかけて健康な状態に戻ります。

                       

                      10月2日 退院できたら、いいですね。

                       

                      ちなみに、内容はかなりハードになりますが、後日また説明します。

                       

                      時間は要しましたが、最終局面に入りました!アジア大会の男子マラソンのラスト100mって感じでしょうか。