検診 生着から460日

2019.12.31 Tuesday

0

    12月24日 検診です、自家移植、生着してから460日になります。

     

           9時30分に採血、11時の診察ですが、血液内科は常に混んでいるので1時間30分待ちます。

     

           検査の結果、3か月前より良くなっています、数値も健常に近づいている。

     

           免疫グロブリン(IgG)だけ危険な数値380になり、血漿剤の輸血になりました。ドクター曰く想定内だそうです。

           抗がん剤の影響でまだ自力でリンパ球がIgGを造れない。生着後3回目の輸血です。1時に皮膚科で診察後、

     

           1時30分に輸血と慌ただしいです。

     

           400以下になると感染症にかかりやすくなるので輸血します。前回は270まで下がり、肺炎になったのです。

     

           輸血するのは血漿剤ヴェノグロブリンを100mgです。輸血のおかげで元気になった?

     

           25日は入院仲間同志とささやかな忘年会です。

     

           再再発の骨髄性白血病、再発悪性リンパ腫、リンパ性白血病と戦ってきた3人、豪華な顔ぶれ?

     

           26日は久しぶりの3兄弟の食事です。公一54歳、英生52歳、昌史48歳・・・・

     

           楽しい時間を過ごせました、だいぶ、体力も戻ってきましたが、家に帰るとバタンキューです。

     

           感覚的には1回目寛解して退院後と同じくらいですかね。スタミナ不足かな。

     

           感染症に注意しながら、年末年始を過ごしたい。2018年の1月くらいの体調ですが、

     

           無事に新年を迎えられるのは嬉しいです。皆様、よいお年をお迎えくださいませ。

     

           また、悪性リンパ腫で闘病されている方、来年の今頃は美味しいものを食べられます。

     

           しばらくの辛抱です。味覚障害も知らぬまになくなります。

     

           今では、食べすぎなのでどうやってダイエットするかが来年の課題です。

     

            

     

                      

     

     

     

    コメント
    コメントする