特特大サイズのサンマと白ワインは?

2007.09.15 Saturday

0
     旨いサンマと、鯵が食べたい!先週の日曜日からの願望でした。その理由は、先週の日曜日に近くにある大手チェーンの回転寿司に行ってきたんですが、お腹は満たされても、お味の方が・・・・特に、あじとサンマはひどかった!さらに、当日、寿司を食べて胃がもたれる。おそらく、なんか塗っているんでしょうね。保存料とか、アブラなんかを・・・
     ですから、本日は千住市場の高級鮮魚を扱う「花坂」にて、仕入れを行いました。サンマは特特大のサイズ、1尾200gです。
    (上のサンマは170G、下のサンマは200g)通常スーパーで販売しているのは、150〜160gです。
     味は、脂ののりが違う!食感が違う!身がふっくらしています。機会があったら、食べる価値はあります。1尾200円ぐらいで他所では売っているんじゃないんでしょうか(当店では110円)
     アジは、やはり美味しかったです!丸みを帯びた金アジですから!
    サンマとワインなんですが、我が家では、このワインを、飲みながら、食べます。その時のポイントは、醤油にワインを混ぜて、サンマにかけます。そうすると、サンマとよく合います!ただ、白ワインを選ぶのにもポイントがありますので。

     サンマのサイズの見分け方!

    スーパーのトレイでパックされているのは、一番小さいサイズのサンマです。通常4kgの箱に25尾以上入っているサンマです。(小さいからトレイに収まるのです)
     次に大きいのは、4kgで22〜23尾以上のサンマです。良心的なお店はこのサイズを扱います。
     一番大きいサイズは、4kgで19〜20尾です。このクラスは高級鮮魚店で扱われています。
     一番小さい生サンマを食べるのなら、サンマの開きを食べた方が無難ですよ。

    コンペの賞品で人気の「ランチア・ワインセット」

    2007.09.10 Monday

    0
      先日、某ラジオ局のゴルフコンペの賞品で、「ランチア・ワイセット」が使われました。幹事曰く、車のランチアと勘違いして、結構、盛り上がったそうです。
       我々の年代は、スーパーカーブームのとき、「ランチア・ストラトス」のかっこ良さに憧れましたよね。現在も、「ランチア」はイタリア車の中の、高級車ということで、人気はあるようです。
       さて、ワインセットの中身ですが、こちらも、ワイン生産者「スクリマグリオ」は高級ワインの産地ピエモンテ州のなかでも、高評価を得ています。そして、そのワインは国内外でも数々の賞を受賞しています。カッコばかりではありません。100周年限定記念セットですので、希少価値もあります。

      ワインの秋、テイスティングに忙しい!

      2007.09.07 Friday

      0
         本日は、某インポーターさんのワイン、ティスティングに行って参りました。今回の一押しワインは、クレマン・ド・リムーでした。南仏のスパークリングワインなんですが、シャンパン製法で作られているんです。だから、味わいはシャンパーニュと同じなんです。
         実は、このワインをティスティングするまでは、シャンパーニュと同じ製法で作られているとは知らなかったんですが、飲んだらシャンパーニュと同じだ!以前、飲んだニコラ・フィアットのシャンパーニュに似ているな、と感じた。あとで、調べたら、シャンパーニュと同じ製法だとわかった次第です。
         ワインを勉強し始めて、3年ぐらいのとき、シャンパーニュは難しい、と思っていました。たしかに、難しい。泡でごまかしがききますから、本日、シャンパーニュの味もわかってきたんだと、確信をもてました。でも、結構、シャパーニュ、スパークリングワインはテイスティングしましたね。80〜100ぐらいのような気がします。やはり、飲まないとわかりませんよ。
         私の知っているお店で、ソムリエを雇用し始めたんですか、「飲みやすいですよ、このワインは」しか、言わないんです。3ヶ月後には、いなくなりました。この手のソムリエさん多いですよね。こういう方に限って、ワインの展示会なんかで、ここぞとばかり飲んでしまって、酔っ払っている光景をよく見ます。ちなみにこの方は、上場企業のフランスレストランで働いていたみたいです。プロなんだから、酔っ払ってはいけません。自腹で買ったワインで酔うなら構いませんけど。
         資格があればいいってもんじゃありません!資格は自覚!その資格に恥じないように、勉強しなければいけません。偉そうなこと言っていますが、ソムリエ、ワインアドバイザーの資格はないんですよね、私は・・・  
         でも、ボージョレのワイン騎士、利き酒大会優勝、という実績はあるんです。だから、今日も飲んで勉強しています。片手に、「クローズ・エルミタージュ」が入ったグラスを持ちながら・・・
         ちなみに、「クローズ・エルミタージュ」は昨日の飲み残しなんですけど、初日のテイスティング価格は、1500〜2000円でしたが、一日経ってしまうと698円でした。
        コルクを抜くときに、少し強引に抜いてしまい、瓶のふちが欠けてしまいました。みなさん、優しく、丁寧に抜きましょう。