大量化学療法に向けて・・・入院決定

2018.03.22 Thursday

0

      3月22日 今日は最後の外来です。10時30分に採血。

     

            12時15分から診察、血液検査の結果、異状なし。

     

      入院日決定!お待たせしました。

     

     3月29日になりました!

     

     

        わかっていたことだが、普通の生活に慣れすぎたので憂鬱です。

     

        せっかく髪の毛も伸びてきてシャンプーで洗えるようになった、

     

               来週あたりはコンディショナーも使おうと思っていた。

     

        仕事の為のワインの試飲にもだいぶ慣れてきた。

     

        40日くらいの入院になります。

     

       診察までの待ち時間は1時間以上なので自撮り。

     

     後輩のかずとし君から頂いたlenovoの2in1のタブレットで。

     

       待ち時間でブログ、メルマガなど書いています。
     

     

    復活の毛生え

    2018.03.11 Sunday

    0

      3月10日 先週は「カンカイの儀」の週であった。カンカイの儀とは「カンカーイ」と言って杯を交わす儀式です。

       

            7日にやり残した抗がん剤「リツキサン」を投与したので、9月から始まった標準治療R−CHOP療法の

       

            6回コースが終了しました。悪性リンパ腫の標準治療は6,8回コースです。

       

            通常初回入院して治療、2回目以降は通院で治療が一般的です。

       

            私の場合は検査入院で腫瘍の大きさ、転移箇所などで即治療になり、5回入院しました。

       

            6回目だけ、通院での治療でした。

       

       昨日、頭髪が生えてきた、頭がかゆかったので4ヶ月ぶりにシャンプーを使いました。

       

       一週間前の免許更新に比べて黒くなっています。

       

       抗がん剤の終了後2ヶ月で復活の気配(毛はえ)です。(リツキサンの副作用は無い)

       

       11月にスキンヘッドにした。金曜の夜から生えてきました?
       

           

      悪性リンパ腫になって 54)

      2018.03.08 Thursday

      0

        3月7日 まさかの化学療法・・・・リツキサンだけの点滴です。 10時から投与開始です。終了は14時30分です。

         

             初回にリツキサンを投与していないのは、以前にお話ししました。結果は100%良好なのですが・・・

         

             カンファレンスの結果、やることになりました。

         

             95%の仕事で100%の結果が出ているのです。


             私はこれで満足ですが、東大は100%を求めます。

         

             これで入院は3月下旬になった。4月いっぱいは病院ですね。
         

         

         

        白金のチョコレート ショコラティエ エリカ

        2018.03.06 Tuesday

        0

          Topsのチョコレートケーキを初めて食べた時の感動!美味しすぎるチョコレートクリーム!そのチョコレートクリームが

           

          たっぷりとまとっているのだ。子供のころ食べたケーキの中で一番美味しい!点数をつけるのなら95点!

           

          美味しいけど100点にはならなかった。理由はクルミが入っていることだった。

           

          当時はクリームの中にクルミがいるのが邪魔にしか感じなかった。

           

          大学1年の時、白金のチョコラティエ エリカの「マ ボンヌ」を食べた、

           

          当時、慶応大学の二谷友里恵さんがお気に入りのお店と教えられのを記憶している。

           

          味は強烈に記憶している、美味しい!Topsのチョコレートケーキより美味しいのだ。

           

          「マボンヌ」の中には、クルミとマシュマロが入っているのだが、これがチョコレートとの相性が良いのだ。

           

          この時、topsのチョコレートケーキにクルミが入っている理由が判った。チョコには木の実が合うのだ。

           

          マボンヌは私の食べたチョコレートで35年間不動で1番美味しいのだ。

           

          大学時代覚えたフランス語は「ケスクセ」「コマンタレブ」「マボンヌ」である。そんなもんだから、勿論再履修です。

           

           

           

              本日、ショコラティエ エリカのチョコレートを頂いた。白金在住の方なので詳しく、

           

            マボンヌは一番人気だが、 

           

            地元の通がおススメするのはトリュフとアーモンドチョコレートです。

           

           トリュフをつまみながら、ワイン飲むのもよし。おいしいです。

           

           アーモンドチョコレートはアーモンドが旨い!焼き方?焚き方?カカオとのバランス。

           

           
           

           

           

          大量化学療法に向けて・・・休息中 2)

          2018.03.05 Monday

          0

            3月4日 免許の更新、江東運転免許試験場に行ってきました。

             

             

             レスリングのコーチみたいです。3年間は、この写真。

             

             左が今回の写真、右が3年前の写真。
             

            大量化学療法に向けて・・・休息中

            2018.03.03 Saturday

            0

              2月下旬〜3月初旬  とても体調がよく、手足のしびれもゆるくなってきました。

               

                         また食欲もあるので、週に2,3回ほど会食しております。

               

                         闘病中の戦士の休息といいましょうか。

               

                         出歩いております。とくに、今後の治療で白血球が下がるので

               

                         生ものが食べられなくなりますので、刺身系を好んで食べてます

               

                         左は、3月3日、人形町のきてれつさんです、とても旨いです。

                 

               

               

               

                右は2/15に神田でジビエを食べた帰り、今は無き母校の今川中学のピロティ前です。

               

                1年D組のメンバーです。この日は、サンペー、コヤブ、クモミです。                     

                                

                昨年の7月にコノメンバーで飲んでいる。

               

                その席でコヤブは、私がかなり痩せていたのを気にかけていたが、


                私は夏痩せだよと答えた。今思うと酒量も減って、グラス三杯で終えた。

               

                夏は4人でボトル3本で一軒で終わった。


              さて退院後は絶好調!一軒目でボトル4本でした。

               

              私が飲めるようになったのか、サンペーの酒量が増えたのか・・・・


              写真で分かるように、私もかなりご機嫌でした。お代わりをしようとしたら、水に替えられた。


              2軒目は、私がコーヒーを飲みたかったので「プロント」へ、各人はビールを飲んでいる。2杯目のお代わりビールを


              頼む際に紛れて私も注文しようとしたが、ストップがかかり2杯目のアイスコーヒー・・・・残念。


              そんな訳で、体調も良く、お酒への執着心も出てきました。

               

               

               仕事もちゃんとしてますよ。この日はネットショップでの、新しい販売方法を

               

               提案していただきました。ネットは情報スピードが早いので、若い方に

               

               教えていただけると助かります。
               

              悪性リンパ腫になって 53)

              2018.02.27 Tuesday

              0

                2月27日 悪性リンパ腫の標準治療を終えて(前半戦終了)

                   
                      6回目(最終回)の抗がん剤投与を終えたのが1月初旬。

                      2月21日に寛解。CT、ペット検査の結果を見ながらの診断です。

                 

                      寛解とはいわゆる「完治」と同じです。ただガンは無くなっていても再発する可能性があるので

                 

                      「寛解」と表現します。

                      現状では100%の結果になりましたが、治療は95%なんです。5%不足なんです
                      化学療法のR−CHOP療法は6回の抗がん剤を投与するのですが、じつは一回目はCHOP療法で、
                      R(リツキサン)が無いのです・・・・理由は
                      8月下旬に検査入院、想像以上に腫瘍が大きく、浸潤の箇所も複数みられた。
                      今だから言える複数個所、左後腹膜領域( 腎臓 · 副腎 ·  腹大動脈 など)、右肺下葉、心膜沿い、脇の下リンパ節。
                      血液のガンだから、いろいろな場所に転移します。それも、月単位で進行するのが特徴です。
                      その為、検査入院のまま、退院できず治療に移ります。抗がん剤の投与になりますが、腫瘍が多い。
                      抗がん剤が効くと大量のがん細胞が短期間で壊される場合があります。
                      その場合に、がん細胞の「死がい」(成分)により、高カリウム血症、腎不全、呼吸不全などの
                      いろいろな症状を生じます。これを腫瘍崩壊症候群といいます。
                      リツキサンを投与して効き目があると腫瘍崩壊症候群のリスクが増すため、初回はリツキサンを抜いたのです。
                      薬が効きすぎると、こんなリスクがあるとは思いもしませんでした。
                      そんな訳で、5%の足りない分はリツキサン一回分なんです。
                      ちなみにこの一回分をやるか、やらないかはカンファレンスの結果待ちです。
                      やらないことを希望します。
                        前半戦を終え、病気前と病後を現状で比べてみました。
                      ・体力は2〜3割減です、重たいものがまだ苦手です。
                 
                      ・食欲は増えました、体重も増えまっした。10堊量です。
                      ・髪の毛は減りました、眉毛、鼻毛は復活しそうな気配がありますが、頭髪はまだです。
                      ・後遺症、手のしびれ。
                       先生いわく、治療後半年くらいするとだいぶ改善され、元の体に近くなるようです。
                       しかし、私は大量化学療法が控えています。ちなみに、一年要するそうです・・・・元の体に戻るには
                      
                      

                悪性リンパ腫になって 52)

                2018.02.22 Thursday

                0

                  2月21日 寛解です!

                   

                          

                   

                  悪性リンパ腫になって 52)

                  2018.02.05 Monday

                  0

                    2月5日 外来で検査です。9時20分到着。三つ検査があります。

                     

                     受付を済ませると知り合いから声をかけられる。そう、「千住市場のママ」だ!

                     

                     そういえば、今度東大病院に行くと言っていた。彼女は私より年上だが、大柄で派手。ピンクの日傘が似合うお洒落な熟女。

                     

                     今日の出で立ちは、黒いボアのブルゾン、黒いパンツ。そして、男らしい性格。ツキノワグマのようです。

                     

                     もし、茶色のだったらヒグマです。もし、こんなことを書いたのが本人に知れたら、私は食われてしまう。

                     

                     10時30分から検査です、最初に呼吸器機能検査 肺活量など検査します。

                     

                     自家移植により、肺の機能に障害を来す時がある。その際に、良好時の数字を記録しておく。

                     

                     次に、大腸外科 肛門のまわりに、膿みがあるか検査。自家移植で血球減少すると膿が大きくなって厄介なんだそうです。

                     

                     最後は、心臓エコーで心筋の動きのチェックです。

                     

                     昼ごはんは1時過ぎになりましたが、三四郎、精養軒など

                     

                     混んでいるので、いつも空いてるカフェ ゆりの樹 でカレーライスです。

                     

                     セット(コーヒー付)で850円ですが、手作り感がないかな・・・・

                     

                     本日も3700人以上の外来です。かなり、混んでます・・・・

                     

                     会計も一時間待ちなので、少々殺気立ってます。私は裏技で次回に回し。

                     

                     予定より1時間早く終わり3時前にヤマノヤ到着。

                     

                     

                    明日はワインコンプレックス東京に行ってきます!久しぶりの展示会です。体調が良いので、少々仕事モード。
                     

                    悪性リンパ腫になって 51)

                    2018.01.31 Wednesday

                    0

                      1月31日 東大病院外来です。予約時間が9時45分なので1時間前に採血します。

                       

                            8時30分に病院到着。受付を済ますとこのリモコンのような呼び出し受信機を渡されます。遠くにいても安心です。

                       

                            安心なのでモーニングです!本日も500円のトーストセット。ノーゲストなのでゆっくりできます。

                       

                                                  

                       

                       

                       

                       ドトールはいつも混んでるので、静かさを求めるなら、おすすめします。

                       

                       新B棟のエレベーター手前の「カフェゆりの樹」です。

                       

                       朝食を済ませて待合室に行く。

                       

                       待合室が混んでいない、落ち着いている。

                       

                       システムが改善されたのか? 病院スタッフがシステムに慣れてきたのか?

                       

                       先生はPCに慣れてきたそうです。最前線の現場の看護師さんは、アナログチックに頑張っています。

                       

                       

                      今日の診察は、検査の結果で、いつも通りで副作用で白血球数が少ないので、注射を打ちます。

                       

                      そして、今後の準備のお話でした。
                       

                            

                            本日で標準治療は終了になります。来週からは特別コース?の為の検査がたくさんです。

                       

                            特別コース?の説明です。自家造血幹細胞移植を併用して大量の抗がん剤を投与する治療法です。

                       

                            悪性リンパ腫に対する抗癌剤治療を強力に行なえば、より多くの悪性細胞が死滅しますが、

                       

                            正常の血球に分化する造血幹細胞も死んでしまい、血球が自力で回復できなくなります。

                       

                            そこで、あらかじめ末梢血幹細胞を採取し、凍結保存しておき、大量の化学療法により骨髄を含めた体内にあるすべて

                       

                            腫瘍細胞を死滅させた後、静脈から輸血のように体内に入れ、荒廃した骨髄の造血を再構築する治療法が

                       

                            自家造血幹細胞移植併用大量化学療法です。すでに昨年の12月4日に3時間かけて自家末梢血幹細胞採取済みです。

                       

                             特別コースと記しましたが、この治療法は研究的治療と標準治療の間に位置する。

                       

                            自家造血幹細胞移植併用大量化学療法は、原則として65歳以下が受けられる療法です。

                       

                            東大病院のように徹底的に根治目指して行う病院もあれば、とりあえず標準治療で終える場合もあります。

                       

                            その後、再発した場合に特別コースを行うという二通りに分かれます。

                       

                            今までのデータを参考にしても、私のように先にやるのと再発してから行う、どちらが良いか五分五分です。

                       

                            どちらが良いかは、患者さんの状況にもよります。最終的には患者が決めることです。

                       

                            私の場合は、悪性リンパ腫といっても50種以上あるなかで、中高悪性度のB細胞非ホジキンリンパ腫。

                       

                            そしてステージ4。リスクもあるが、体力もあるので徹底的にがんを叩くということで、特別コースを選びました。